雑貨屋を開業するメリットや魅力

雑貨屋を開業するメリットや魅力

「何かお店を始めたい」「自宅で起業したい」と考えている方には、雑貨屋の経営がおすすめです。

雑貨屋の定義は明確に決められているわけではありませんが、自分の好きな商品やモノを販売するお店を指しています。

街中を歩いていて、様々な種類の雑貨を取り扱っているお店を見掛けたことはありませんか?

自分がセレクトした素敵な雑貨を販売しているお店は、全て雑貨屋になりますよ。

ここでは、雑貨屋を開業するメリットや魅力をまとめてみました。

 

・自分が好きなセンスのある雑貨だけを自由に取り扱うことができる

・自分の好きな空間を作り、その場所で働き続けることができる

・お客さんから喜ばれた時にやりがいを実感できる

・会社に縛られることなく、マイペースで働くことができる

 

「雑貨が大好き」「誰かに雑貨の良さを伝えたい」という方には、雑貨屋の開業がピッタリ合っています。

調理器具など高額な備品が必要になる飲食店の開業とは違い、雑貨屋は初期費用を抑えて起業できるのも魅力的ですね。

流行のアイテムをたくさん取り扱っていれば売上を大幅にアップすることもできますので、雑貨屋の開業を目指してみてはいかがでしょうか。

 

雑貨屋を起業するにはどうすれば良いの?

自分のお店を持ちたいと思った時に、「雑貨屋を起業するにはどうすれば良いの?」という疑問を抱える方は少なくありません。

お店を起業するなんてことは人生のうちに何回も訪れることはありませんので、迷ってしまうのは当然です。

雑貨屋の開業自体はそこまで難しくないものの、売上を出して成功するにはいくつかのポイントがあります。

雑貨屋開業のコツを知らずに取り組んでいると、「中々繁盛しない」⇒「売上を出せない」⇒「お店が潰れてしまった」と失敗に繋がりやすいので注意が必要です。

ここでは雑貨屋を起業するには何をすれば良いのか、どうすれば成功できるのか詳しく説明していますので、一度目を通しておいてください。

 

雑貨屋のタイプを選択する

まず最初に、自分がどのような雑貨屋を起業したいのかタイプを選択することから始めないといけません。

雑貨屋のタイプで経営方法には違いが出てきますので、簡単に見ていきましょう。

 

・店舗で雑貨屋を起業する(テナントを借りる場合は高額な初期費用がかかるが、自宅でお店を開けば余計なコストを抑えられる)

・フランチャイズを利用する(フランチャイズに加盟すれば、雑貨を販売する経営ノウハウが蓄積されているので成功しやすい)

・ネットショップで開業する(実店舗を持つのではなく、自分が好きな雑貨をネットショップで販売して儲ける)

 

実店舗を持つのかネットショップを経営するのかは、一番最初に決めるべき項目ですね。

現在ではパソコンやスマホを使って買い物をする方が増えていますので、雑貨屋のネットショップで利益を出すのは決して難しくありません。

実店舗を持つにしても、自分で開く場合は前例がないので収入シミュレーションを組むのが難しいのに対して、フランチャイズに加盟すれば指示に従ってスムーズな起業ができると違いがありますので、経営スタイルを考えることから始めましょう。

 

雑貨屋の構想を練る

雑貨屋は個人経営のお店でも、他の店舗と差別化を図っていれば大きな利益を出すことができます。

しかし、他の雑貨屋と同じようなお店を起業しても、自分のところにしかない良さを伝えることはできません。

そこで、雑貨屋を起業するには、下記のように構想を練るのが大事ですよ。

 

・お店の特徴や方向性などのコンセプトを決める

・「上質でナチュラルな生活雑貨のみ」などアピールポイントを作る

・「若い女性向け」「中高年向け」とターゲットを絞る

・多くの人に覚えてもらえるように店舗名を決める

 

実店舗を持つにしてもネットショップを運営するにしても、雑貨屋の起業においてコンセプトやターゲットは欠かせません。

このポイントがブレているとお客様を呼び込むことはできませんので、念入りに構想を練るのが成功の秘訣です。

 

起業に向けての開業資金を作る

雑貨屋開業への熱い思いを持っていても、資金が足りなければ実現させることはできません。

飲食店と比べて雑貨屋の起業はコストを抑えられますが、それでも初期費用やランニングコストの用意は必須です。

十分な貯金があって資金集めに苦労しない方は少ないので、次の方法で開業資金を作る必要があります。

 

・親や親戚にお金を貸してもらう

・金融機関に融資してもらう

 

どちらにしてもお店を経営するには、お金の返済計画をきちんと立てておかないといけません。

また、金融機関からの融資は審査に落ちるケースも多いため、雑貨屋の起業の事業計画書を作成すべきです。

もし、融資を受けられなくて実店舗の雑貨屋を持てないのであれば、初期費用がほとんどかからないネットショップへの出店を視野に入れましょう。

「ネットショップで雑貨屋を起業する」⇒「ある程度品物が売れるようになってくる」⇒「時期を見計らって実店舗をオープンする」と少しずつ拡大していくのも選択肢の一つです。

 

販売する雑貨を仕入れる

雑貨屋のコンセプトや出店地域について決まった後は、販売する雑貨を仕入れる必要があります。

雑貨屋の起業の成功失敗は、80%が仕入れで決まると言っても過言ではありません。

自分でハンドメイド雑貨を全て作るのは流石に無理がありますので、他のお店からの仕入れは欠かせないのです。

雑貨の仕入れ方は、次の3種類の方法に大きくわけることができます。

 

・東京の展示会に行ってたくさんの雑貨の卸業者と出会う

・海外に足を運び、「ヨーロッパ風の雑貨」「ハワイアンな雑貨」と自分の好みの商品を買い付ける

・インターネット上の仕入れサイトを利用する

 

自分のお店で取り扱う雑貨に拘りたいのであれば、展示会や海外に直接足を運んだ方が良いでしょう。

しかし、限られた時間の中で雑貨屋を起業して運営しないといけませんので、最初はインターネットの仕入れサイトの利用をおすすめします。

アパレルや雑貨など様々な賞品を仕入れることができる「NETSEA(ネッシー)」、かっこよくて実用的な雑貨を取り扱っている「雑貨レイジー」、レディースアパレルを中心に取り扱っている「イチオクネットWeb現金問屋街」など様々なサービスがありますので、複数の仕入れ先から雑貨を集めましょう。

 

広告宣伝をする

雑貨屋を起業して成功するには、広告宣伝の力を入れないといけません。

実店舗を開くにしてもネットショップを運営するにしても、魅力的な雑貨を販売している強豪(ライバル)はたくさんあります。

そのライバルに勝たないと売上を大きく伸ばすことはできないため、次の方法で集客や宣伝をしましょう。

 

・雑貨屋をオープンする前からブログを書いてファンを増やす

・「他の雑貨屋とは違うぞ!」という部分を引き出すホームページを作成する

・TwitterやFacebookなどのSNSを使って情報発信する

・実店舗を持つ予定の人は、お店の付近でチラシを配る

 

インターネットとアナログの両方を駆使して、自分の雑貨屋を人々に広める努力をしてみてください。