資金を調達する

資金を調達する

これから起業をしようとしている方の中で、初期投資の必要なビジネスで起業される場合は資金調達の必要があります。

できることなら、ご自身の蓄えの中から資金を用意した方が後々のトラブルを避ける意味でも良いとは思いすが、起業する段階で充分な蓄えがあるという方はなかなかいないものです。

資金を自分で働いて貯めるというのも1つの選択肢として考えながら、「タイミング的に今すぐ本格的に起業する必要がある」という考えに至った場合は資金調達に挑戦しましょう。

日本には金融機関が多数存在していますが、起業の資金調達に取り合ってくれるのは日本政策金融公庫です。

いくら立派な事業計画を持って行っても、メガバンクをはじめとした民間の金融機関が信用・実績のない新しい会社・個人に融資をしてくれることはほとんどありません。

一方、日本政策金融公庫には新規開業者向けの融資制度が最初から用意されているのです。

個人事業の開業以前・会社の設立以前でも相談に乗ってくれますので、積極的に活用するとよいでしょう。