フリーターが起業するにはどうすれば良いの?

「フリーターが起業するにはどうすれば良いのか?」「フリーターが起業するには何から手を付ければ良いのか?」という疑問を抱えている方は多いかもしれません。

フリーターの人は「まだ20代だから大丈夫」と思っているかもしれませんが、「人生の3分の1を過ぎてしまった」とも考えられます。

一生フリーターのままでも構わないのならば、自分から積極的に動かなくても良いはずです。

しかし、家族を作って子供を育ててというプランを頭で練っているのならばフリーターから脱出しなければならず、その方法の一つが起業となっております。

もちろん、起業するためには資金やアイデア、人脈など様々なものが必要となりますし、生半可な気持ちでチャレンジすると高確率で失敗します。

それでも、近年では起業のハードルはかなり下がっており、1円から会社を作れる時代になったのでフリーターでも起業は十分に可能なのです。

「起業する」⇒「失敗する」⇒「借金だけが残る」⇒「何もかもを失う」というイメージが以前はありました。

とは言え、現在ではインターネットという便利なものがあり、ユーチューバーやアフィリエイトなど初期投資をかけずにネットビジネスを始められるようになったのです。

フリーターとして生活資金を稼ぎながら最初は副業としてネットビジネスを行い、軌道に乗れば個人事業主として開業して本腰を入れて事業に臨むという選択肢もあります。

このように聞くと、「フリーターが起業するのはそこまで大変ではないかも」とポジティブな気持ちで考えられるかもしれません。

ネットビジネスではなく、カフェやバーといった飲食店を経営したいと考えている人は、事業を継続させるために資金繰りが重要となります。

テナントを借りて内装や外装を変えるのならば莫大なコストがかかりますし、商品仕入れ費用や広告宣伝費など本格的に事業を回していくためにはそれなりの運転資金がかかるのです。

全ての費用を金融機関から借り入れるのは不可能ですし、フリーターに限った話ではありませんが、起業するには資金を最初にしっかりと確保しなければなりません。

また、フリーターが起業で成功するにはスキルと経験を磨かなければならず、空いた時間を使って勉強するべきです。

ふと思いついたアイデアで成功した方はいらっしゃるものの、全体的に見ればごく僅かなので、自分のスキルや経験の延長線上に起業があると心得ておきましょう。

「今更やったって遅い」ということはありませんし、今の自分を変えたいのならば積極的にチャレンジする姿勢を忘れないでください。