起業の準備期間にやるべきことはこれだ!

起業と聞いて、「自分にもできるのかな?」「本当に大丈夫かな?」と疑問を抱えている方はいませんか?

結論から言うと誰でも起業は可能で、フリーターや高校生でチャレンジしている人もいますね。

しかし、起業の成功や失敗を決めるのは、準備期間の過ごし方だと心得ておくべきです。

誰でも起業してからすぐにお金を稼げるわけではなく、辛い時期が必ずと言って良いほどあります。

何も準備をせずに起業や開業をすると、失敗の原因になりますので注意しないといけません。

そこで、以下では起業の準備期間にやるべきことをいくつか紹介していますので、「何から始めれば良いの?」と悩んでいる方は参考にしてみてください。

 

安全に自己資金を貯める

まず最初に、起業するには安全に自己資金を貯めることから始めましょう。

アフィリエイトなど初期費用がほとんどかからない事業はありますが、基本的に起業用資金を貯めるのは起業の最低条件ですよ。

なぜ起業の準備期間にお金を貯める必要があるのか、考えられる理由を挙げてみます。

 

・起業して利益が出ない段階で資金が尽きると事業を継続できない

・キャッシュフローが安定するまでに長い期間がかかる

・創業融資を調達する際は、自己資金の金額が審査に影響を及ぼす

 

「1万円しか持っていませんが、成功する自信があるので1,000万円の融資をお願いします」と金融機関に頼み込んでも、門前払いを食らうのは目に見えているのではないでしょうか。

そのため、サラリーマンにしてもフリーターにしても、安全な方法で起業の資金を貯めてください。

 

お金の使い方を見直してみる

初期費用がかかる事業を始めるに当たり、起業するに当たって融資を受ける形になります。

自己資金でまかなえるのが一番ですが、それが難しい場合は日本政策金融公庫や自治体の創業融資で足りない分を補うわけです。

融資を受けられるのかどうかで起業をスタートできるのか決まるため、準備期間中にお金の使い方を見直してみましょう。

それは起業前1年間のお金の使い方で、融資の審査に影響が出てくるのが理由です。

具体的に、起業の準備中は次の3つの点に注意しましょう。

 

個人信用情報:個人信用情報に載るような金銭面でのトラブルに気を付ける

税金の滞納:自動車税などの少額の税金でも滞納で審査に落ちやすくなる

余計な借金を控える:早く起業できるように、無駄遣いを最小限に抑えて借金をしないようにする

 

起業で成功したいのであれば、プライベートでのお金の使い方も見直すべきです。

 

積極的にセミナーに参加する

何の努力もせずに起業し、多大なる利益を出している方はいません。

どの事業においても努力は欠かせませんので、起業の準備期間には積極的にセミナーに参加すべきです。

以下では、マーケティングセミナーや営業セミナーに参加するメリットをまとめてみました。

 

・マーケティングに関する知識やスキルを身につけることができる

・ノウハウが増えれば事業に関する引き出しが増える

・起業で欠かせない人脈を広げられる可能性が高い

 

経営のスキルや知識を身につけるに当たり、本を読んだりスクールに通ったりするのも選択肢の一つです。

しかし、ビジネススクールへの通学は費用や時間のデメリットがありますので、気軽に参加できるセミナーを積極的に活用してみてください。

 

競合調査(ライバルチェック)を行う

あなたがこれから始めようとしているビジネスには、絶対と言って良いほどライバルが存在します。

自分のアイデアで今までにない事業やサービスを作り出すのは無理がありますので、既存の事業で成功を目指すのが一般的です。

自分が成功するには、起業の準備期間中に競合調査(ライバルチェック)を行う必要があります。

具体的にどのような点をチェックすべきなのか見ていきましょう。

 

・商品価格

・独自の強み

・サービスの質

 

「○○○がライバルと比べて劣っている」「○○○がライバルに勝っている」と把握していれば、起業の成功率は確実にアップしますよ。

 

起業の準備にかかる期間はどのくらいなの?

起業の準備でやるべきことは、皆さんが想像している以上にたくさんあります。

上記で説明した内容だけではなく、「Twitterとキュレーションサイトで情報収集をする」「事業用のホームページやオリジナルグッズを用意する」「起業で成功した人の話を伺ってみる」「事業計画書を念入りに作成する」といった対策も同時に行わないといけません。

そこで、「起業の準備にかかる期間はどのくらいなの?」と疑問を抱えている方は多いのではないでしょうか。

どのような事業に取り組むのかによっても変わりますので一概には説明できないものの、起業準備期間の目安は1年〜1年半です。

流石に起業の準備に3年間以上の歳月をかけるのはNGで、その理由をいくつか挙げていきます。

 

・起業へのやる気やモチベーションを維持できない

・いつまで経っても起業をスタートできなくなる

・年月が経過するほど事業の状況は変化する

 

1年間を短いと思うのか長いと感じるのかは人によって違いますが、本気で取り組んでいれば起業離陸まで持っていくことはできますよ。

今この瞬間を本気になれない人は、2年が経とうが3年を費やそうが起業で成功できません。

「早くスタートしなければ・・・」と焦るのは良くありませんが、準備期間を長くし過ぎないように注意してください。