飲食店を起業するには

飲食店を起業するには何から始めれば良いのか、悩んでいる方は多いかもしれません。

色々な考え方があるので一概には説明できないものの、飲食店を起業するに当たって最も大事なのは資金というのが個人的な意見です。

インターネットビジネスであればパソコン一つで業務が始められますし、個人事業主として開業する際にもお金がかからないので、リスクはかなり軽減できます。

一方でカフェやレストランといった飲食店を起業するには、テナントビルを借りて什器や家具を揃え、内装を整えてというように、初期費用が想像以上にかかるのです。

しかも、開業してから自分の飲食店にたくさんのお客さんが集まり、繁盛するとも限らないので、初期費用だけではなく店舗を長く運営していくための運転資金も必要となります。

飲食店の立地条件によってかかる資金には大きな違いがありますが、開業してから軌道に乗り始めるまでに最低でも半年間以上はかかるので、その期間も運転していけるだけの費用を最初に用意するべきです。

場合によっては1,000万円以上の費用がかかりますし、自己資金だけでは賄えないということで金融機関から融資を受けることもあるのではないでしょうか。

「飲食店は現金商売で日銭が入ってくるから運転資金は少なめで良い」というキャッシュフローの観点で、資金繰りが楽だと考えている方は多くいらっしゃいます。

しかし、自分のイメージ通りに事が運ぶとは限らないので、飲食店を起業するには十分な資金を確保することから始めなければならないのです。

その後に、「どのようなコンセプトの飲食店を経営するのか」「どのようなアイデアで勝負するのか」「どのように顧客を獲得していくのか」という点について考えていきます。

初期費用がかかりリスクも高いからこそ、「飲食店を起業したい」という夢に突き進むのであれば、念入りな下準備を行わなければなりません。

・開業資金に注ぎ込みすぎた
・運転資金が足りない
・顧客を集めたいからと大きなテナントを最初に借りた
・自分が調理できないので人を雇ってキッチンを任せる
・途中で業態が変わっていく
・競合店の調査をしていない

様々な要素があるので一概には説明できないものの、上記のような事業者は飲食店を起業した後に失敗する可能性が高いので注意が必要です。

中でも、お金に関する失敗は良く耳にしますし、自分が経営者になるのならばキャッシュフローも学ばなければなりません。

飲食店を起業すること自体は個人事業主の開業届けを税務署に出すだけなので簡単でも、長期間に渡って経営していくのは並大抵のことではないと頭に入れておくべきです。

自分では良い飲食店だと思っていても、お客さんが来なければ利益を上げることはできないので、人気店のチェックは欠かさずに行うようにしましょう。

レストランを経営したいのであれば人気のレストラン、カフェを経営したいのであれば雑誌にも載るカフェに実際に足を運び、市場調査を行うようにしてください。