起業する前に本を読むメリットは?

「自分で何か事業を始めよう」「そろそろ起業したい」と思った時に、何をすれば良いのか迷っている方は多いのではないでしょうか。

個人事業主になるのは役所に届出をするだけですので簡単ですが、事業を経営して利益を出していくのとは話が別です。

そこで、起業して独立を考えているのであれば、本を読むことをおすすめします。

インターネットが発達した現代において、私たちは本を読む機会が減りました。

しかし、起業本の中には独立して成功するに当たって欠かせない知識や情報が詰まっていますので、参考になること間違いなし!

まずは起業する前に本を読むメリットをいくつか挙げていきます。

 

・インターネットでは知りえない情報を手に入れられる

・ビジネスや経営に関する知識を習得できる

・起業による失敗例を事前に把握できる

・経営や起業に関するモチベーションがアップする

 

「本を読むのは面倒だな〜」と感じている方はいますが、起業で失敗のリスクを抑えて成功を収めるためにも本は役立つでしょう。

 

【これがおすすめ!】起業を考えた時に読みたい本

このページでは、起業を考えた時に読みたいおすすめの本をまとめてみました。

偉大な経営者や社長さんが自らの実体験に基づいて書いた本もありますので、選び方の参考にしてみてください。

『こんな僕でも社長になれた』

『こんな僕でも社長になれた』は、実業家・シリアルアントレプレナー(連続起業家)の家入一真さんの自伝です。

過去にいじめで3年間に渡って引きこもりになったり、美大に合格するも挫折したりといった人生を送った人が書いていますね。

『こんな僕でも社長になれた』は様々な困難を乗り越えて、年商13億円まで上り詰めるストーリー!引きこもりで人生に絶望している人がこの本を読むと、勇気づけられそうな気がします。

 

『知識ゼロからはじめる起業の本』

「自分は何の知識やスキルもないけど起業できるの?」と不安を抱えている方は、『知識ゼロからはじめる起業の本』を読んでみましょう。

『知識ゼロからはじめる起業の本』はこれから起業を始める方のために、次の内容が時系列で解説されています。

 

・起業の心構え

・事業計画書のつくり方

・個人事業or会社の選び方

・オフィスの決め方

・資金確保のしかた

・集客のしかた

・パートナーの探し方

・会計のしかた

・節税のしかた

・リスク回避術

 

きめ細かな起業ワンポイントアドバイスが随所に入れてありますので、起業するために注意すべきポイントが丸わかりです。

 

『革命のファンファーレ 〜現代のお金と広告〜』

『革命のファンファーレ 〜現代のお金と広告〜』は、クラウドファンディングで何かとネット上で話題のキングコング西野氏が面白おかしく書いています。

30万部突破のメガヒットへと導いた天才クリエイターが現代のお金の作り方と使い方、広告の戦略について説明していました。

Amazonの販売ページでは、71%の方が星5つの高評価レビューを残しています。

起業や開業に役立つ情報も満載ですので、一度『革命のファンファーレ 〜現代のお金と広告〜』を読んでみてはいかがでしょうか。

 

『起業の科学 スタートアップサイエンス』

『起業の科学 スタートアップサイエンス』はWebマーケティング会社のCSO、ベンチャー支援も同時に行っている田所雅之氏の書籍です。

5年間もの歳月をかけて1,000人以上もの起業家や投資家を取材し、膨大な情報量を1つの本にまとめています。

スタートアップを科学した研究結果が集約された内容ですので、起業における失敗をしっかりと押さえておきたい人におすすめですね。

失敗しないスタートアップを高確率で実現したい方は、『起業の科学 スタートアップサイエンス』を読んでみてください。

 

『起業3年目までの教科書 はじめてのキャッシュエンジン経営』

『起業3年目までの教科書 はじめてのキャッシュエンジン経営』の中には、次の内容が要約されています。

 

・起業は持っているお金でスタートすべき

・今までの延長線上で起業をする

・起業の成功確率を少しでも上げる考え方

 

夢を見すぎて大きな風呂敷を広げるよりも、小さな成功を少しずつ積み重ねていくことが起業では大事だと書かれています。

本当に会社経営をした人でなければ書くことができない内容ですので、『起業3年目までの教科書 はじめてのキャッシュエンジン経営』は勉強になるのではないでしょうか。

 

『失敗をゼロにする 起業のバイブル』

『失敗をゼロにする 起業のバイブル』は、起業のビジネスモデルを体系的に分類している本です。

「起業で好きなビジネスをやる」ではなく、「勝てるビジネスをやるべき」という点について解説されています。

事業を経営するに当たって自分の好きなことに取り組むのは大事ですが、夢いっぱいのプランのまま突っ走る方は少なくありません。

その結果、失敗してしまうケースが多いため、勝つために利益を得るために起業したいのであれば『失敗をゼロにする 起業のバイブル』を読んで勉強してみてください。

 

『60分間・企業ダントツ化プロジェクト』

起業するには、マーケティングをしっかりと学ばないといけません。

『60分間・企業ダントツ化プロジェクト』は、マーケティングの極意について記載されている書籍です。

少し古い本ですのでウェブマーケティングに関する内容は記載されていませんが、それでも本質的な内容は一緒ですので勉強になりますよ。

『60分間・企業ダントツ化プロジェクト』は完成度が高いので、他の本では満足できなくなる方も少なくありません。

 

『時給800円のフリーターが3年で年収1億円に変わる起業術』

『時給800円のフリーターが3年で年収1億円に変わる起業術』は、アズホールディングス株式会社代表取締役の実体験をもとに書かれている本です。

起業家としての側面ではなく、投資界の神様とも呼ばれている人物ですので、少し変わった視点から起業について学ぶことができます。

「会社経営」「社会環境」「人間関係」「お金」に関する考え方も一通り説明されていますので、起業術全般を学びたい方は『時給800円のフリーターが3年で年収1億円に変わる起業術』を読んでみましょう。