ハワイで起業するにはどうすれば良いの?

ハワイで起業するにはどうすれば良いのか、疑問を抱えている方は少なからずいるかもしれません。

確かに、イメージだけでも日本で起業するのと、海外のハワイで起業するのとでは大きく異なることがお分かり頂けるはずです。

これはハワイに限った話ではありませんが、海外に本社を設立して日本支店の登録を行えば誰でも起業することはできます。

どのような事業を行うのかによって異なるので一概には説明できないものの、自分の好きな場所で起業するのは選択肢の一つなのではないでしょうか。

そこで、ハワイの良いところを幾つか挙げてみたので、この土地で起業を考えている方は一度チェックしておきましょう。

 

・海があって自然があり、心地良い雰囲気の中で仕事ができる

・他の場所とは違って比較的日本語が通じる安心感がある

・暴動などがないので安心して生活できる

・アメリカの本土よりも行きやすく気軽に日本へと帰国できる

・気候が最高でジメジメとした日本とは違ってカラっとした気持ち良い暑さが魅力

 

上記のようなメリットがあり、ハワイで起業する日本人は以前と比べてかなり多くなりました。

もちろん、必ずしも会社を設立しなければならないわけではなく、個人事業主からスタートするのも選択肢の一つとなっています。

ビザを取得したりオフィスを借りたりと日本と同じように、起業するには事前な下調べが必要なのは間違いありません。

しかし、インターネットを使って広告収入を得たり商品を販売したりするアフィリエイトならば、どの場所に住んでいても仕事ができます。

日本にいようがハワイにいようが関係ありませんし、好きな場所で好きなように仕事ができるのがアフィリエイトの最大の魅力なのです。

アフィリエイトならばカフェやバーといった飲食店とは大きく異なり、テナントを借りる必要性は一切ありませんし、自宅にインターネットに繋がるパソコンが1台あれば業務は十分に可能となっています。

このように聞くと、ハワイでの起業がそこまで難しくないことがお分かり頂けるのではないでしょうか。

とは言え、近年では不動産の相場が上がり続けており、「ハワイでの生活費は想像以上に高い」と言われています。

事業で十分な収入を得られているのならばまだしも、1ヶ月で10万円くらいの副業程度しか稼げていないのにも関わらず、脱サラしてハワイへと移住するのは少々危険です。

会社を辞めるのか辞めないのか、今後の将来に大きく関わってくる部分なので、後悔しないようにゆっくりと考えてみてください。