花屋を起業するにはどうすれば良いの?

小学生の女の子が掲げる夢の一つとして花屋が多く、「可愛い」「華やか」「オシャレ」といったイメージがあります。

女性にとって理想となる仕事ですが、花屋を起業するにはどうすれば良いのか疑問を抱えている方は多いのではないでしょうか。

実は花屋を起業すること自体はとても簡単で、花の仕事に就くに当たって特に資格は必要ありません。

 

・MRとして働く場合はMR認定試験(必須というわけではない)

・弁護士になるには司法試験

・飲食店を起業するには食品衛生管理者

・外科医や内科医になるのであれば医師免許

 

上記のような職業とは異なり、特定の資格を取得しなくても小規模の個人事業主であれば簡単になれてしまうのです。

しかし、「起業できる=事業で成功して利益を出せる」とイコールで結びつけることはできません。

好きなことをして稼ぐのが難しいように、花屋を起業したい夢を叶えるのであればそれなりに茨の道を進む覚悟が必要です。

花屋を起業する際に押さえておきたいポイント

以下では、花屋を起業する際に押さえておきたいポイントを幾つかまとめてみたので、何から始めれば良いのか分からないと嘆いている方は一度参照しておきましょう。

 

・「苗を鉢に植える」「乾燥気味の管理」など花の育て方を学ぶ

・花の種類によってどの程度の金額で販売するのか考える(他の花屋さんの価格を参考にする)

・「花束」「アレンジ」「ブーケ」などテクニックを身に付ける

・配達や事務業務など経営に必要な作業を確認しておく

・お店のディスプレイや流行りなどの情報収集を行う

・少しでも安い金額で美しい花を仕入れる先を発掘する

・ドライフラワー教室やアレンジメント教室を同時に開く

 

このように聞くと、起業してからもやらなければならないことがたくさんあり、日々が勉強と言っても過言ではありません。

起業がゴールではなく利益を出してお店を維持していく必要があり、お店を出して満足していては先に進めないのです。

起業において必ず成功するような方法はありませんし、今は成功を収めている人でも以前にたくさんの失敗を積み重ねてきたケースは十分にあります。

とは言え、方向性さえ間違えなければ花屋は人を幸せにする素晴らしい仕事なので、花や植物に関して興味を持っている女性はいつの日か自分のお店を出せるように起業の準備を始めてみてください。