起業家になるためのおすすめの学校やスクールはこれだ!

「起業するには何から始めれば良いのか?」「起業家ってどうすればなれるの?」と疑問を抱えている方はいませんか?

確かに、右も左も分からない状態で起業できるのかどうか、不安になるのは当然ですよね。

そこで、一人であれこれと努力するのではなく、起業家になるための学校やスクールに通ってみてはどうでしょうか。

起業家を育成しているビジネススクールは意外と多く、ビジネスチャンスを開拓して事業として確立して成功させる人を養っていきます。

以下では起業家を目指す学校やスクールに通うに当たり、どのようなメリットがあるのか幾つか挙げてみました。

 

・プロから教わることができるので、効率良くビジネスについて学べる

・起業するために何が必要となるのか様々な知識を身に付けられる

・大切な仲間やビジネスパートナーとの出会いが待っている

・今後の自分のビジネスプランを明確化できる

 

起業と一口に言っても業種や職種はたくさんありますので、今後のビジネスプランを明確化するのは大事ですよ。

このページでは起業家になるためのおすすめの学校やスクールを紹介していますので、選び方の参考にしてみてください。

 

ビジネススクール社会起業大学

ビジネススクール社会起業大学は、2010年に設立された日本で最初の社会起業家育成特化スクールです。

ゼロから社会起業したい人やソーシャルビジネスでの起業を目指している人に対して、徹底的なサポートやアドバイスをしてくれます。

どのような人にビジネススクール社会起業大学が向いているのか見ていきましょう。

 

・いつかは起業してみたいと考えているけれど何をすれば良いのか分からない

・若いうちから起業できる力を身に付けておきたい

・自分の好きなことを仕事にして生きていきたい

・やりがいや働き甲斐のある仕事を見つけたい

 

起業する力を体得できる学校なのが大きな特徴ですね。

ビジネススクール社会起業大学では、次のように自分の目指したいゴールから3つのコースを選択できます。

 

・ゼロからスタートして社会起業家として自立を目指す「社会起業家実践コース」

・自分らしく社会に貢献する活動モデルを確立する「ソーシャルビジネス確立コース」

・ミッションの見つけ方やビジネスモデルの作り方を学ぶ「ショートコース」

 

選択するコースによって基礎科目や演習科目が異なりますので、ビジネススクール社会起業大学に興味を持っている方は一度無料セミナーを受けてみてください。

 

Keio business school(慶応大学大学院経営管理研究科)

Keio business school(慶応大学大学院経営管理研究科)は、1962年に設立された歴史あるビジネススクールです。

誰でも一度は聞いたことのある大学が運営しているビジネススクールですので、信頼感や実績でナンバーワンなのは間違いありません。

他の学校と違い、Keio business school(慶応大学大学院経営管理研究科)にどのような特徴があるのかまとめてみました。

 

・ビジネススクールの国際認証のAACSBとEFMDを取得している

・土日中心のプログラムも用意されているので社会人でも学びやすい

・MBA取得後のキャリアサポートでキャリアアップを図ることができる

 

重責を担う経営人材の育成をキャリアと両立させるプログラムで、起業家としての自分のスキルを徹底的に磨くことができます。

将来のキャリアを見込んで学習を継続したい人には、Keio business school(慶応大学大学院経営管理研究科)がおすすめです。

 

日経ビジネススクール

日経ビジネススクールは日本経済新聞社が運営する学校で、早稲田大学や青山学院大学とパートナーシップを結んでいます。

「グローバルにビジネスを推進し、社会に変革と活力をもたらす人材を育成すること」というコンセプトやキャッチフレーズで、世界に通用する人材の育成を手掛けているのが魅力的です。

日経ビジネススクールに通って学習を継続することで、どのようなスキルを習得できるのか幾つか挙げてみました。

 

・経営やマーケティングなどの「ビジネス基礎理解力」

・知識をベースにして取り組むべき課題を発見する「課題解決力」

・ビジョンや目標を設定して変革をやり抜く「リーダーシップ力」

・言語や異なる文化の相手でもコミュニケーションを取れるようになる「異文化理解力」

・未来の構想に役立てることができる能力の「テクノロジースキル」

 

オンラインで受講できるeラーニングも提供されていますので、日経ビジネススクールは時間と場所を選ばずに起業家としてのスキルを磨くことが可能です。