デイサービスとは一体何?

皆さんはデイサービスという言葉を聞いたことがありますか?

「一体何のことなのかさっぱり・・・」とわからない人は多いと思います。

簡単に説明すると、デイサービスは高齢者のために作られた介護サービスのことです。

デイサービスセンターや特別養護老人ホームなどの施設に通い、次の介護を受けることができます。

 

・お食事やご入浴

・レクリエーション

・機能訓練

 

高齢者や身体の不自由な方の社会的孤立感の解消や心身の機能の維持として、デイサービスは役立っていますね。

「自分の家族は元気だからまだ大丈夫」と思っている人はいますが、介護が必要なタイミングは決まっていません。

ある日突然やってくる可能性は十分にありますので、短期入所生活サービスのデイサービスは一昔前から増え続けているのです。

 

デイサービスを起業するには?

国内の高齢者の数は増え続けていますので、比例して介護施設も増えました。

どれだけ介護施設が多くても足りないほど超高齢化社会は進んでいるため、デイサービスを起業するのは選択肢の一つです。

介護の資格を活かし、デイサービスを開業して高齢者やご家族の役に立っている方はいます。

このページではデイサービスを起業するにはどうすれば良いのか説明していますので、是非一度参考にしてみてください。

 

介護の資格を取得する

デイサービスを起業するに当たり、特別な資格は必要ありません。

オーナーであるあなたが資格を持っていなくても、介護の資格を持つ職員を雇えば良い話です。

しかし、開業した当初は資金が限られていますので、自分が利用者に対して介護や補助のサポートを行うのが良いでしょう。

以下では、介護と深く関係する資格の種類と主な特徴をまとめてみました。

 

・介護の基礎知識やスキルを持っていると証明できる「介護職員初任者研修」

・介護職員初任者研修の上位の資格で医療的ケアやたん吸引もできる「介護福祉士実務者研修」

・介護士のキャリアパスの中で最も上位で、スクールに通って取得できる「介護福祉士(国家資格)」

・介護保険制度に基づいて高齢者の心身の状況や周囲の環境に応じた介護サービスを提供できる「ケアマネジャー(介護支援専門員)」

・介護保険に関する知識に加えて、パソコンスキルなどの経理業務ができる「介護事務」

 

国家資格の介護福祉士やケアマネジャー(介護支援専門員)を取得するまでには長い期間がかかりますが、デイサービスの起業のために勉強をスタートしてみてはいかがでしょうか。

 

デイサービスで良いのか考える

介護サービスと一口に言ってもたくさんの種類がありますので、デイサービスが全てではありません。

つまり、起業して事業を行う前に、本当にデイサービスで良いのか考える必要があります。

高齢者に向けた居宅サービスは、大きくカテゴリーすると次の3つです。

 

・訪問介護や訪問リハビリテーションなどお客様の居宅に訪問する「訪問サービス」

・デイサービスセンターや通所リハビリテーションに送迎する「通所サービス」

・数日から2週間程度の期間に渡って高齢者を預かる「短期入所サービス」

 

それぞれの介護施設でメリットとデメリットの両方がありますので、デイサービス以外も検討してどの分野を起業するのか考えてみてください。

 

デイサービス開業に必要な資金を集める

デイサービスを起業するには、まずは開業に必要な資金を集めることから始めないといけません。

デイサービスは介護サービスの中でも始めやすい方ですが、それなりの資金がかかります。

規模で変わりますので一概には説明できないものの、ここではデイサービスの起業で必要な資金の内訳をまとめてみました。

 

人件費:生活相談員や機能訓練指導員、看護職員や介護職員の月収が20万円〜25万円前後

最初の運転資金:サービスを提供して介護保険から報酬を受け取るまでに3ヵ月程度はかかるため、数ヵ月分の運転資金が必要

施設費:利用者が使う大規模なスペースの確保が必要なので、数ヵ月分の家賃や敷金が必要

改装費:「事務室」「相談室」「静養室」「キッチン」「機能訓練を行う場所」「トイレ」の改装にかかる費用

車両費:高齢者を施設までの送迎するための車両のレンタル費やガソリン代

 

大規模なデイサービスを起業するとなると、初期費用と運転資金を合わせて1,000万円以上はかかります。

これだけの費用を全て自己資金でまかなうのは無理がありますので、付き合いのある銀行や信用金庫、日本政策金融公庫から創業融資を受けましょう。

 

事業計画書や収支計画書を念入りに作成する

デイサービスを起業するには、事業計画書や収支計画書を念入りに作成しないといけません。

それは、銀行や日本政策金融公庫などから融資を受けるために欠かせない書類だからです。

これは少し考えればわかりますが、「この事業は儲からないだろう」という事業をスタートしたい事業者に対してお金を貸してくれるところはありません。

金融機関に融資の申し出をするには審査を受ける必要がありますが、事業計画書や収支計画書が融資の可否を決める判断材料になります。

事業計画書や収支計画書の中には、「なぜデイサービスを起業するのか?」「どのように事業を展開していくのか?」「利益率はどのくらいを目処に考えているのか?」「資金の返済計画はどう立てているのか?」といった点を全て盛り込んでわかりやすくまとめるのがポイントです。

金融機関の担当者が納得できるレベルの事業計画書や収支計画書を作成し、デイサービス開業の第一歩を踏み出してみてください。