アメリカで起業する方法

アメリカで起業する方法

従来であれば、まずは日本で起業し、国内の市場をターゲットにビジネスを展開し、国内で成功を納めたら海外へ事業を展開していくというのが一般的でした。

今でも上記のような企業がほとんではありますが、縮小していくことが確実視されている日本で起業をするよりもアメリカをはじめとした海外で起業する方が合理的であるという考え方をし、最初からアメリカで起業をされるという方も増えているようです。

その他にも、単純にアメリカの方が会社設立にかかる費用が安いという理由から、アメリカで会社を設立して営業は日本で行うという方も多くいます。

そこで、ここではアメリカで起業する方法についてご紹介したいと思います。

まず知っておかなければならないのは、

そして、アメリカでは日本と違いLLC(Limited Liability Company = 有限会社の略称)の設立が可能ですので、株式会社で起業するのか有限会社で起業するのかも決めなくてはいけませんね。

肝心の必要な手続きに関してですが、アメリカでは非常に簡単な書類を一枚提出するだけで起業・会社設立することができます。

具体的には、Certificate of Incorporationという、住所・氏名・会社名・設立目的と、いくつかの空欄にチェックを入れる程度の書類を会社を設立する州の州務長官事務局に提出することになります。

Certificate of Incorporationは、各州のホームページからダウンロードが可能となっていますのでご覧になってみてください。

例・デラウェア州の設立申請書
Certificate of Incorporation

ただし、アメリカで起業する場合は会社を設立する州の会社法によって手続きにも若干の違いがありますので、最低限、英語のホームページを見ながらその辺を自力で調べられないという方には難しいと思います。

そのため、英語がまったくできないという方の場合、海外での会社設立を代行してくれるようなサービスを利用も検討してみるとよいかもしれません。