自宅でエステサロンを開業するメリット

自宅でエステサロンを開業するメリット

エステサロンとは痩身や脱毛など、美容を促すケアや施術をお客さんに提供する場所のことを指します。

男性にとっては少し無縁ですが、女性であれば「エステサロンに通ってキレイになりたい!」と考えるのではないでしょうか。

現在では大手のエステサロンではなく、個人で経営するお店も増えています。

エステサロンの経営スタイルは、「自宅サロン」「テナント」「店舗の間借り」の3つで、それぞれの特徴を見ていきましょう。

 

・自宅サロンは自分の住まいの一部屋をエステサロンとしてお客様に提供できる

・テナントは物件選びから内装まで自分の拘りに応じて自由に決められる

・店舗の間借りはエステに必要な機材を準備するだけで始められる

 

自分のお店を持ちたい女性にとって、エステサロンを開業するのは選択肢の一つですね。

上記で紹介した経営スタイルの中でも、自宅でエステサロンを開業する方法をおすすめします。

テナントや店舗の間借りとは違い、自宅でエステサロンを開業するに当たってどのようなメリットがあるのかまとめてみました。

 

・新しい物件を借りて始めるよりも初期費用やコストを抑えられる

・「家賃」「敷金」「礼金」を支払わなくても良い

・慌てなくてもマイペースでエステサロン開業の準備を始められる

・「毎日頑張ってお店を開く」「夏休みには長期休暇を取る」など、自分のペースで働くことができる

 

既にエステティシャンとしてのスキルや知識を持っている人は、自宅の一室を使って自分のお店を持ってみてはいかがでしょうか。

誰でも成功できる業界ではありませんが、「キレイになりたい」「痩せて理想的な体型を手に入れたい」と考える女性の数が減ることはありませんので、いつまで経ってもエステサロンの需要はあります。

 

エステサロンを起業するにはどうすれば良いの?

自分のお店を持つのが夢でも、「エステサロンを起業するにはどうすれば良いの?」と疑問を抱えている方はいませんか?

エステティシャンとして働いたことのある女性でも、起業するために何が必要なのかとても難しいですよね。

そこで、以下ではエステサロンを起業するに当たって押さえておきたいポイントをいくつか紹介していきます。

「やっぱり開業しなければ良かった」「もっと事前準備をしっかりとしておけば良かった」と後悔している方はいますので、きちんとチェックしておいてください。

 

エステティシャンとしてスキルアップを目指す

大手のエステサロンに個人経営のサロンが対抗するには、何か特別なものをお客さんに提供しないといけません。

他の店舗に負けている部分が多すぎると、エステサロンを起業しても顧客を確保できなくて失敗します。

そこで、まずはエステティシャンとしてスキルアップを目指すことから始めてみてはいかがでしょうか。

自分がオーナーになって他の優秀なエステティシャンを雇う方法もありますが、人件費の削減を考えると最初は自分でお客さんに施術する方が無難です。

エステティシャンのスキルアップと一口に言っても、下記のようにたくさんの方法があります。

 

・専門のスクールに通って研修を受けて知識や技術の向上を図る

・エステティシャン向けに提供されているセミナーや説明会に参加する

・他のサロンに足を運んでお客様視点で実際に施術を受けてみる(自分の仕事に活かすために、施術の内容や使っている器具に関するチェックを念入りに行う)

・認定エステティシャンやAEA認定エステティシャン、CIDESCOインターナショナル・エステティシャンといった資格を取得する

 

「この人の施術やアドバイスを受ければキレイになれる!」とお客さんが考えてくれれば、個人経営のエステサロンを起業しても大手に対抗できるわけです。

一から独学でエステティシャンとしてのスキルや技術を身につけるのは無理がありますので、スクールに通う方法が一番良いでしょう。

専門スクールでは、「ボディケアやフェイシャルマッサージの基礎を学べる応用コース」「アーユルヴェーダやポリネシアンマッサージの講習」「アンチエイジングリフトアップの講習」など様々なカリキュラムがあります。

自分がエステサロンを起業して何の施術をお客さんに提供したいのか考えて、受講するコースやカリキュラムを決めるのがポイントです。

 

エステサロン開業の資金を集める

テナントやマンションの一室を借りてエステサロンを起業するよりも、自宅の一室を使った方が初期費用を抑えられます。

それでも、エステサロンを経営するに当たってそれなりに費用が発生しますので、まずは資金を貯めることから始めないといけません。

エステサロンの開業でどのくらいの資金が発生するのか見ていきましょう。

 

・エステ機器の購入(10万円〜50万円)

・化粧品やシーツなどの消耗品(10万円)

・カウンセリングに必要なテーブルや施術に必要なベッド

・パソコンやプリンター、洗濯機などの電化製品

・寛ぎやリラックスを意識して内装に拘る(30万円)

 

「自宅の一室を使う」「スタッフは雇わずに自分が施術する」といった方法で起業すると、少ない費用でエステサロンを開業できますよ。

ただし、エステサロンを開業してすぐに軌道に乗れるわけではありませんので、起業する前に運転資金をきちんと用意しておいてください。

 

サロンのコンセプトを決める

エステサロンを起業して利益を出したいのであれば、自分のサロンのコンセプトを決めましょう。

エステサロンとして生き残るためには、競合店との差別化が必須です。

同じようなサービスを提供していても顧客を獲得することはできませんので、お店を開く前に次の点をチェックしておきましょう。

 

・自分が得意な技術を見極めて施術のメニューを決める

・内装や化粧品は独自カラーを出して特別感を演出する

・ポイントカードやクーポン券を使ってリピーターを獲得する

・お客様へのアフターフォローやアドバイスを丁寧に行う

 

元々安かった料金を値上げするとお客さんは離れてしまいますので、施術の価格はあまり安すぎる設定にしないように注意してください。

 

集客に力を入れる

どれだけ魅力的な施術を提供していても、あなたが経営するエステサロンが知れ渡らなければ意味がありません。

大手のチェーン店と比較して知名度が劣るのは間違いありませんので、エステサロンを起業して成功するには集客に力を入れるべきです。

具体的な方法としては、「知人に利用してもらってそこからお客さんを紹介してもらう」「開業する予定地の近くにチラシをポスティングする」「地域のフリーペーパーに広告を出す」「専用のホームページを開設する」などたくさんあります。

どれか一つの方法に拘るのではなく、様々なアプローチで顧客を集客してエステサロンが繁盛するように努力してみてください。