1円起業制度

1円起業制度

1円起業制度とは、平成18年に新会社法が施行されたことに伴い、最低資本金規制が撤廃され実質的に資本金1円の株式会社が設立できるようになったことを指した言葉です。

それまでは、有限会社で資本金300万円、株式会社の場合は資本金1,000万円が最低限必要だったため、会社設立のハードルは非常に高いものでした。

そのため、この新会社法の施行・1円の株式会社が設立可能になったことにより、起業という行為がより一般的になってきたのです。

ただし、実際には1円で起業することはできません。

というのも、定款に用いる印紙代・認証代、登録免許税、登記簿騰本取得費、実印などにかかる費用は通常通りかかるからです。
(最低でも26万円程度はかかるでしょう)

ですので、単に費用をかけずに起業したいというのであれば、正真正銘0円で起業できる個人事業という形式で起業するほうがよいと思います。

また、これまで株式会社が他の事業形態と比べて圧倒的に高い信頼を得ていた背景には資本金1,000万円以上というハードルがあったからであり、取引先などから1円起業は「本気度が低い」と認識されてしまうという現状もあります。

事実、1円起業の株式会社ではなかなか金融機関から融資を受けられないという話を聞いたこともあります。

上記のように、確かに魅力的な制度ではありますがメリット・デメリットが両方ありますので、利用する際はよく検討するようにしましょう。